• クープについて
  • 各種料金表
  • ナチュラルハーブカラー
  • コラム
  • アクセス情報
  • 個人情報の取扱
instagram  twitter  facebook
 

コラム

髪の栄養

9 月になりました!
そろそろ蒸し暑さが無くなってきて夜風が気持ち良い季節になりますね!
今年の夏はヘアケア出来ましたか?
コラムでは何度かホームケアの重要性についてお話させていただきました。
ご自宅でのケアが普段の髪へのストレスを軽減させてくれますのでちょっとめんどくさい…は置いておいて…毎日ではなくても続けられるところから意識してみてください!!
今回は栄養についてのお話です!
美容師なのに何故に栄養を語るのか?!
謎ですね~
普段あまり意識されていないと無関係に思えるのですが、大関係アリ!ということで
お話させていただきます。

1、髪は何で出来ているのか?

答えは『タンパク質と水分』です。
これはご存知の方が多いかと思います。
ミネラルでもビタミンでもございません!
体の3~4割を占めているタンパク質なのです。
よくお悩み相談を受けます、よく聞くのが『髪が細くなってきた、昔より痛みが激しい』などです。
これを聞くと加齢や美容室での施術に問題アリな感じがしますがちょっと目線を変えて後ほど
考えてみましょう!

2、髪死んでいる?

答えは死んでます…
とあるメーカーさんではミトコンドリアを添加し続けると修復したなど研究結果が出ていた気がします。
ですが世間一般的に研究はまだまだ進んでおらず、基本的には生えてしまってから自然と元通りに修復したりはしません。

基本的には髪はたんぱく質を原料に毛母細胞という髪を作り出す細胞が分裂を繰り返し、メラノサイトという細胞で着色し伸びていきます。
これが髪の伸びるメカニズムです(かなり簡略化してますが…)

では、髪を丈夫にしたい!ボリュームのある髪に!痛みにくい髪に!するにはどうしたら良いのか?

実はそこに栄養の重要性が隠れています…うふふふ♪
まず必須栄養素として『タンパク質』これは絶対に取りましょう!
タンパク質というのは体を構成するのにかなり重要な栄養素です。
しかも内臓や脳など生きていく上で必要不可欠な部分に先に行くので髪や爪に辿り着くには時間がかかります。
しかも、普通は100%届くわけではなく、内臓などに回したあとの残り物程度しかきません…
どうやれば良いのかというと、1日に必要な量のたんぱく質をしっかりと摂ることです。
これが足らないと痛みやすく細い髪が出てきます。
タンパク質がちゃんと取れている方の髪は本当に強いです…(もとから強すぎる人もいます)
外部からのダメージを守るキューティクルもタンパク質で出来ていますのでそのせいかと思います。
いくらヘアケアや頭皮ケアをしていても生えてくる髪が健康でなくてはいけません!
もちろん育毛剤などを否定するつもりはないのですが、より向上させていこうと思ったらしっかりとタンパク質
を摂取しないともったいないです!!!
あとは『水』。これも人間の体の6~7割を占めていますので重要です。
水が足らないとパサパサしやすい髪になってしまいます…。
ということはカラーやパーマなどをすると大ダメージになってしまう髪になります。
怖いです…。
出来ればペットボトルなど死んでいる水ではなく、浄水器を通した生きてるお水でしっかりと代謝UPさせてあげると良いと思います!!
ヘアケアと一緒に内側からのケアでトータルケアを成功させましょう♪


ページトップへ戻る