コラム

クセ毛との付き合い方

回はくせ毛のお話です!
梅雨時、夏場は本当に困らせてくれる存在です…
まとまらない…乾きずらい…などなど悩みを抱えている方は多いのでは?
そんな『クセ毛』達と上手に付き合っていくヒントをお伝えしていこうと思います☆

先ずは『クセ毛』とは?
髪はいくつかの種類に分けられます。
例えば

  • ・直毛  それはもー真っ直ぐ!!パーマもかかりにくくひたすら真っ直ぐで質感は硬め
  • ・軟毛  良く言われる『猫っ毛』質感は柔らかい、クセ毛の人に多い毛です
  • ・波状毛  見た目が波のようにウネウネしている、大きなうねり~細かめなうねり
  • ・縮毛  THEチリチリ!黒人の人に多いが日本人でも稀にある毛質

おおまかに分類するとこんな感じになります。
皆さんはどのタイプでしょうか??
美容師から見ると凄い直毛ってそれはそれでクセなのかなぁと思います(パーマがかからない等の悩みがあるので) こうやって見てみると日本人って髪の種類が豊富なんですよね!
これは欧米人や北欧、アジア諸国の人にはあまり見られないくらい多いんです。
何故にこんなに多いかというと、最近発見されて話題になりましたが『遺伝子の種類』が日本人は多いのです!!人間はアフリカ大陸から発生し世界に散らばって行ったと言われていますが、住む環境や食事によって様々な変化を遂げてきました。その際に、日本人は毛髪内の遺伝子の種類が増えていったのでは?と言われています。
最近の研究調査でアフリカ圏の人間(黒人)は3~4種類、北欧や欧米でも3~4種類、アジア圏では5~6種類、しかし日本だけは9種類近く存在するのでは?という話です。
ちなみに、髪の太さにしても世界で一番太いのは日本人です。欧米人の1.5倍もあるんです!
固くて太くて黒髪真っ直ぐ…海外の美容師さんは日本人の髪を切るのは絶対嫌がります!
ハサミの切れ味がすぐ悪くなるので(苦笑)

しかし、最近は食事の内容もかなり変わってきています。欧米化したとメディアが良く言うように本当に昔から比べて日本食を食べる頻度は少なくなっています。なので最近の子供の髪はみんな茶色いですよね~黒髪の子とかってもう生まれないんじゃないかと思うくらいです。
この栄養バランスや栄養素の摂取量によって髪の毛も変化していると思います。
先ずは『水・タンパク質』をしっかり摂る事が重要です!人間の体のほとんどがこの2種類で出来ています。ポイントはタンパク質です!
髪に与えるタンパク質の影響は意外とあります!
体内に入ったタンパク質は最初に脳や臓器などの重要な部分に行き渡ります。
そのあとに筋肉や皮膚に。そして最後に髪や爪に行きます。
ということは、人間の体にとって髪は重要な物ではないということですね!笑
気分的には最高に重要ですが生きるということから見ると重要性が低いわけです。
なので、しっかりとたんぱく質を摂らないと良い髪になるわけないのです!
最近ではプロテインの質も向上してきています、植物性のたんぱく質をしっかりと手軽に摂れるサプリメントなどで吸収してください。食べ物でいうと豆腐、高野豆腐、植物では無いですがしらす干し(半乾燥)などにも多く含まれます

あとは水をしっかり摂る事です。1日2リットル!頑張りましょう!!笑
これを続けていくと髪は勿論のこと、体も綺麗になりますし一石二鳥です☆彡
『クセ毛』と上手に付き合っていくには外からのケアと体内からのケアが絶対に必要です!
トリートメントやブローなどは担当の美容師さんに教えてもらった事をやれば多分大丈夫!
(知識不足じゃない美容師限定ですけど…)
暑い夏は栄養も不足しがち…なのでしっかりと栄養を摂って素敵な髪に変身しましょう!

次回は『ホームケア』のお話です?


ページトップへ戻る